ブログ

【Cocoon】Google Adsence広告を手動で貼る手順

2020年3月24日

【Cocoon】Google Adsence広告を手動で貼る手順
悩める子
グーグルアドセンスに受かりました!広告を貼りたいんですが、どうすればいいですか?手動で広告を貼りたいです・・・。

 

この記事では、Google adsenceの審査がおりて、「広告を貼る準備が整いました」とメール案内が来た後にAdsence広告の貼り方の手順を紹介していきます。

 

広告には、グーグルが自動で適切な場所に貼ってくれる「自動広告」と、手動で任意の場所に広告を貼る「手動広告」がありますが、今回は手動広告の設置方法を解説していきます。

 

以前僕が使用しているワードプレスのテーマ【Cocoon】でのやり方になります。

 

この記事を読み終えて、記事に手動広告を設置してみましょう。

 

審査が通ると以下のメールが送られてきます。

 

「ご利用開始」を押して広告を貼る準備をしましょう。

 

Google adsenceの申請がまだの方はこちらの記事を参照してみて下さい。

【Cocoonを使用している人向け】Google Adsence申請までの流れ

 

Google Adsence広告の貼り方

VGoogle Adsence広告の貼り方

 

それでは、広告を貼るための準備をしていきます。今回はディスプレイ広告を選択します。

 

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリ上に掲載される動画・画像・テキスト広告のことです。バナー画像で表示されることもあるため、バナー広告とも言われています。

 

step
1
Adsenceのホーム画面を開き、サマリーから「広告ユニットごと」を選ぼう

 

 

新しい広告ユニットの作成の所から、ディスプレイ広告を選択してください。

 

step
2
広告ユニット名・プレビュー・サイズを決めよう

 

①:広告ユニット名・・・わかりやすい名前をお好みで記入します。例をだすと、「アドセンス広告」とか「記事内広告」など。

②:ディスプレイ広告の種類を選ぶ・・・スクエアタイプ・横長タイプ・縦長タイプとあるので、プレビューで確認しながらお好みのタイプを選びましょう。

③:広告サイズ・・・レスポンシブサイズを選びましょう。

 

step
3
作成された広告コードをコピーしよう

 

広告コードを貼る場所は「ページの<body></body>タグの間に広告ユニットコードをコピーして貼り付けます」とあり、わけがわからないとおもいますが、「Cocoon」では、テーマの中にコードを貼る場所があるので安心してください。

 

 

上の赤く四角で囲まれて記載されているのが、広告ユニットコードです。コードをコピーを押して、コピーします。

 

step
4
ワードプレスの管理画面にいこう

 

 

Cocoon設定から広告を選択します。

広告の表示は、全ての広告を表示の所にチェックをを入れてください。

広告ラベルのところは、スポンサーリンクのままで大丈夫です。

 

 

アドセンス広告の表示のところは、全てのアドセンス広告を表示にチェックを入れてください。

広告コードのところに、先程コピーした広告ユニットコードを貼り付けてください。

 

 

広告の表示位置は、デフォルトでは画像のようになっているので、ここでトップページや記事内・サイドバーなどの、どこに広告を貼るかを指定できるので、色々試してみるのもいいですね。

[ad]ショートコードは、有効にするをチェックして設定の完了です。

 

アドセンス広告を貼る時の注意

 

アドセンス広告はクリックしてもらいたいからといって、貼りすぎはよくないです。なぜなら、読者さんが広告だらけだと見づらくて、ページを離脱してしまう可能性があるからです。

 

ほかには、「自分で広告をクリックする」「読者さんが広告をクリックすることを促すような行為」などはやめましょう。

 

このような行為をすると、ペナルティが発生して、広告が止められたり、最悪広告が貼れなくなる可能性があります。

 

詳しくはAdsenceプログラムポリシーに記載されているので、一度みておくことをお勧めしています。

 

広告の貼り方のまとめ

広告の貼り方のまとめ

 

今回は、テーマ「Cocoon」での、Google Adsence広告を手動で貼る手順を紹介してきました。

 

アドセンスの管理画面から広告の種類を選び、広告コードをテーマの決まった位置にコピペするだけの作業です。

 

初めのうちは広告を貼る位置がわかりませんが、たくさん貼りすぎることによる、読者さんが読みにくいサイトにすることは避けて、徐々にどの位置がいいのか色々試して見ましょう。

 

本記事が参考になれば幸いです。今回は以上です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじさん 

サービス業の店長をしています。片手間に副業にとブログを運営しています。ブログ運営のことや、日々の生活に役立つ情報を発信中。猫が好きだったりします。

© 2020 Fujisanblog