ブログ

ブログ画像の圧縮を忘れていませんか?【ユーザーファーストを心掛けよう】

2020年8月13日

ブログ画像の圧縮を忘れていませんか?【ユーザーファーストを心掛けよう】
悩める子
ブログで使う画像って圧縮したほうがいいって聞くけど、どうなんですか?ついでに圧縮するいい方法を知りたいです!

 

このような疑問に答えていきますね。

 

結論からいうと、圧縮したほうがいいです。

 

なぜなら、元のサイズのまま使うと容量が大きくてサイトのスピード速度に影響するからです。サイトスピードが遅く、なかなかページが表示されなくて、イラっとしてページを閉じた経験がありませんか?

 

読者さんは急いで検索しているかもしれません。なるべく待たせないようにしましょう。

 

画像圧縮でそこまでスピードが劇的に変わるかといえばそうでもないけど、対策しておくことは大事です。
ふじさん

 

画像素材がまだ決まってないかたは、ブログなどに使えるフリー写真素材サイトO-DANとは?【おすすめです】で探すのもありですね。おしゃれな素材が見つかるかもですよ。

 

今回は圧縮すべき理由と、圧縮の方法を解説していきます。

 

本記事の内容

・画像を圧縮するべき理由

・画像を圧縮する方法

 

画像を圧縮しないで使っていたのなら、この記事を読み終えたら実践して、ユーザーファーストなサイトを運営していきましょう。

 

ブログ画像を圧縮するべき理由

ブログ画像を圧縮するべき理由

 

たまにサイズが500KBくらいの画像を使っているサイトを見かけるので、ちょっと重いかなぁって感じです。だいたい50KB~100KBくらいのサイズが理想ですね。

 

圧縮するべき理由としては、

・重いとページ表示速度が遅れる=読者の離脱

・SEO的にもあまりよくない

 

ちょっと解説していきます。

 

重いとページ速度が遅れる=読者の離脱

 

サイトが重く、ページ速度が遅くてなかなか表示されないと、読者さんが待ちきれずに、ページを離れて別のサイトに移ってしまう可能性が高いです。

 

現在では、スマホなどの端末から閲覧している人が多くなっています。バイルで表示まで5秒かかると、74%のユーザーは離脱していくというデータもあります。

 

せっかく良質な記事をかいても、これが原因で読者さんが離れていくのはすごくもったいないですよね。
ふじさん

 

SEO的にもよくない

 

読者さんと同様に、グーグルのクローラー(サイト内を徘徊するグーグルのbot)も記事をインデックスするためにサイトにくるのですが、サイトが重くてなかなか表示されないとグーグルからの評価もよくないです。

 

グーグルからの評価が良くない=SEO的にもよくない

 

ということにも繋がります。

 

なぜなら、グーグルは「ユーザーの利便性を第一に考える」を理念として掲げています。ユーザーが不便を感じて、すぐに離脱してしまうってことは、グーグルの理念から反するって事で、あまり評価はよくないということになります。

 

要は、圧縮して少しでも快適にし、ユーザーやグーグルに親切にしようって感覚でいきましょう。
ふじさん

 

ちょっと補足です

 

画像のファイル形式に関して「JPEG、PNG」がありますが、ブログで使用するファイルは「JPEG」にしましょう。

 

下の表のとおり、PNGだと画質はいいのですが、どうしても容量が大きくなってしまいます。

 

容量が大きくなってしまうと、読み込みに時間がかかり、サイトのスピード速度に影響がでてしまうため、読者にストレスを与えてしまいます。

 

拡張子 JPEG PNG
表現できる色数 約1670万色 最大280兆色
容量 少な目(軽い) 大きい(重い)

 

悩める子
画像がPNGしかないんですけど、どうすればいいですか?

 

PNGからJPEGに変換するツールもこのあと紹介するから大丈夫だよ!
ふじさん

 

次は画像を圧縮する方法を紹介していきます。

 

画像を圧縮する方法

画像を圧縮する方法

 

画像を圧縮するツールを2つ紹介していきます。

 

その①:Tiny Png

 

①:Tiny Png

Tiny Pngは無料で会員登録をしなくてもそのまま使えます。一度に最大20枚まで、それぞれ5MBまでの圧縮をしてくれます。

JPEGとPNGの二つの拡張子がこれ一つで圧縮できるのが便利な点です。

 

トップページにいくと、かわいいパンダが出迎えてくれます笑
ふじさん

 

その②:i Love IMG

 

こちらのツールは僕もよく利用しています。

 

②:i Love IMG

i Love IMGは画像の圧縮をはじめ、一括ですべての画像編集ができる便利なツールです。

i Love IMGもトップページにいけばそのまま無料で使えます。使える機能の一部を紹介していきます。

・画像の圧縮
・画像のサイズ変更
・画像の切り抜き
・JPEGに変換 ←ここが嬉しい!

 

フリー素材サイトからダウンロードした画像の形式が「PNG]だった。という場合でも、このツールを使えば「JPEG]に変換することができちゃいます。

 

また、逆のパターンとして、「JPEG」から「PNG」にも変換できるのが嬉しいところです。

 

まとめ:画像は圧縮して使おう

まとめ:画像は圧縮して使おう

 

ブログにおいて、記事設計がものすごく大事なのですが、それ以外にも今回のような、少しでもサイトスピードを改善するために、画像の圧縮は必須かなと。

 

あたりまえのようで、できていない人もいるので「あ、そのまま挿入してた」みたいな人は参考にしてみてください。

 

ほんの微々たる改善かもだけど、この積み重ねが信用だったりに繋がったりします。

 

画像を圧縮してくれるツール

① Tiny Png

・会員登録不要でその場でつかえる。
・JPEGとPNGの二つの拡張子が圧縮できる

② i Love IMG

・一括ですべての画像編集ができる便利なツール
・こちらもそのまま無料で使うことができる

 

そのまま圧縮するのだったら、Tiny pngを。拡張子を変えたり、画像のサイズ変更・圧縮を一括でしたい場合はi Love IMGがおすすめです。
ふじさん

 

最後までお読みくださりありがとうございます。サイトを快適にして良いブログライフをノシ

 

関連記事:ブログなどに使えるフリー写真素材サイトO-DANとは?【おすすめです】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじさん 

サービス業の店長をしています。片手間に副業にとブログを運営しています。ブログ運営のことや、日々の生活に役立つ情報を発信中。猫が好きだったりします。

© 2020 Fujisanblog