NFT

NFTを別ウォレットへ移動(transfer)する方法【画像付きで解説】

【PR】当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

悩んでいる人
悩んでいる人
・今持っているNFTを別のウォレットに移動させたい
・ついでにメタマスクのイーサリアムも移動させたい

 

このような疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  • NFTを別のウォレットに移動させる方法
  • メタマスクのイーサリアムを別のメタマスクに移動する方法

 

メタマスクを間違えて詐欺サイトに繋いでしまってNFTが盗まれた。なんてことが起きたときに、大切なNFTだけでも守って起きたいですよね?

 

そのためには、大切なNFTを別のウォレットに移動させておけば、万が一詐欺サイトに繋いでしまっても、別のウォレットに移動したNFTを守ることができます。

 

この記事では、別ウォレットにNFTを移動(送る)方法をわかりやすく画像付きで解説していきます。併せて、暗号資産を別ウォレットに送る方法も解説していきます。

 

2,3分ほどあれば簡単にできますのでぜひ、参考にしてみてください。

 

別ウォレットをまだ作っていない人はMetaMask(メタマスク)で複数アカウントを作る方法【セキュリティ対策】にて紹介していますので作っておくことをお勧めします。

 

NFTや暗号資産を移動するときにガス代(手数料)がかかります。

暗号資産取引所でガス代に使用するイーサリアムを購入しておくとすぐに移動することができるのでおすすめ。

イーサリアムを購入するのならCoincheckが初心者の人には扱いやすい取引所です。

✓コインチェックが選ばれる理由

  • ダウンロード数NO.1 * 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak
  • 500円から買えるビットコイン
  • 取り扱い通貨数国内最大級 *2022年5月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ

 

NFTを別ウォレットへ移動(transfer)する方法

NFTを別のウォレットに移動させる方法

NFTを別をレットに移動させる場合は下記の場合が多いかと思います。

 

  • 保管用のウォレットに移動する
  • Giveaway企画の当選者に送る

 

上記2点のやり方はほぼ同じですので、そこまで難しくありません。

 

実際にやりながらの手順を画像付きで3ステップで解説していきます。

 

NFTを別ウォレットへ移動する方法は以下の手順です。

 

  1. 送り先のウォレット(メタマスク)アドレスをコピーしておく
  2. 送りたいNFTを選択してtransferする
  3. ちゃんとNFTが送られているかの確認をする

 

それではさっそく解説していくので、焦らずやってみてください。

 

ステップ①:送り先のウォレット(メタマスク)アドレスをコピーしておく

 

はじめにNFTの送り先のメタマスクを開き、クリップボードのウォレットアドレスをクリックしてコピーしてください。

 

ステップ②:送りたいNFTを選択してTransferする

 

送り元の『Opensea』にいき、移動させたいNFTをクリックしてください。

 

 

右上の「Transfer」ボタンをクリックします。

 

 

「Address」のところに送り先メタマスクのウォレットアドレスを貼り付けて「Transfer」をクリックします。

 

Giveaway企画で送る場合は、送り相手のウォレットアドレスを教えてもらい、貼り付けてください。

 

送付先アドレスは必ず正確に入力、もしくは貼り付けてください。1文字でも間違っているとなくなってしまいます。
Fuji
Fuji

 

 

「確認」をクリックします。NFTを送る場合はガス代(手数料)がかかるので注意してください。

 

 

「Transfer complete」と表示されれば無事にNFTが移動できています。

 

ステップ③:ちゃんとNFTが送られているかを確認する

 

念のため、送り先Openseaにログインし「Collected」に送ったNFTがちゃんとあるか確認をしておきましょう。

 

複数のNFTを別ウォレットへ移動(transfer)する方法

複数のNFTを別ウォレットへ移動(transfer)する方法

 

一度に複数のNFTを別ウォレットへ移動(transfer)する方法は以下の手順です。

 

  1. 送り先のウォレット(メタマスク)アドレスをコピーしておく
  2. 移動したいNFTを選択していく
  3. 選択した複数のNFTを移動(transfer)する

 

順に解説していきます。

 

ステップ①:送り先のウォレット(メタマスク)アドレスをコピーしておく

 

はじめにNFTの送り先のメタマスクを開き、クリップボードのウォレットアドレスをクリックしてコピーしてください。

 

ステップ②:移動したいNFTを選択していく

 

Openseaへ行き、移動したいNFTにカーソルを合わせると「List for sell ・・・」が表示されるので「・・・」のMore optionsをクリックします。

 

 

メニューが表示されるので「transfer」を選択します。

 

 

移動(transfer)するNFTの周りが青く表示されます。続いて移動したいNFTをクリックして選択していきます。

 

 

今回は上図3つのNFTを移動する仮定で選択してみました。3つともNFTの周りが青く表示されて選択された状態になっています。

 

ステップ③:選択した複数のNFTを移動(transfer)する

 

ページの最下部にある「transfer」をクリックします。

 

 

「Address」のところへ移動先のアドレスをコピペして「transfer 3 items」をクリックします。

 

下に注意マークで「Items sent to the wrong address cannot be recovered.」日本語に訳すと「誤った住所に送られた商品は、回収できません。」

 

ですので、必ずアドレスを間違えないようにしてください。

 

メタマスクが起動するので、ガス代(手数料)を確認してよければ「確認」をクリックし、「Transfer complete」と表示されればOKです。

 

Fuji
Fuji
移動する時はガス代がかかるのと、アドレスを間違えて送ってしまうと回収ができなくなるので、慎重に進めてくださいね!

 

イーサリアムを別のメタマスクへ送金する方法

イーサリアムを別のメタマスクへ送金する方法

 

イーサリアムを別のメタマスクへ送金する方法は以下の3ステップです。

 

  1. 送金先のウォレットアドレスをコピーしておく
  2. 送金元から送金の手続きをする
  3. ちゃんと送金ができているかを確認しておく

 

順に解説していきます。*NFTを移動する時と手順は似ています

 

ステップ①:送金先のウォレットアドレスをコピーしておく

 

まずはじめに送金先のメタマスクを開き、名前の下にあるクリップボードをクリックしてウォレットアドレスをコピーしておきます。

 

ステップ②:送金元から送金の手続きをする

 

送金元のメタマスクを開き「送金」ボタンをクリックします。

 

 

ここに先ほどコピーした送金先のウォレットアドレスを貼り付けます。

 

送付先アドレスは必ず正確に入力、もしくは貼り付けてください。1文字でも間違っているとなくなってしまいます。
Fuji
Fuji

 

 

送金するイーサリアムの金額を入力し「次へ」をクリックしてください。今回は「0.01ETH」送金してみます。

 

 

ガス代が表示されるので、よければ「確認」を押します。送金をするのにもガス代(手数料)がかかるので注意してください。

 

ステップ③:ちゃんと送金ができているかを確認しておく

 

送金元のイーサリアムが減っているので、送金はうまくいっています。

 

 

送金先のメタマスクに「0.01ETH」が入金されているので、無事に送れていることが確認できました。

 

以上がNFTと暗号資産を別のウォレットへ送る方法を解説してきました。

 

大切なNFTやイーサリアムなどの暗号資産を別のウォレットに移動したい場合や、誰かに送りたいときは参考にしてみてくださいね。
Fuji
Fuji