Wordpress

エックスサーバーでWordPressをSSL化する手順をわかやすく解説

エックスサーバーでWordpressをSSL化する手順をわかやすく解説
悩める子
エックスサーバーでWordpressを立ち上げました。SSL化をまだしていないので、やり方を教えてください。その前にSSL化って何なんだろう・・・。

 

このような悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・SSLとは?
・SSL化する手順

 

SSL化は簡単にいうと、サイトのセキュリティをしっかりするための施策です

 

たまにSSL化の設定をしていないサイトを見かけますが、この記事を読んでいるあなたはしっかりやりましょう。

 

この記事ではエックスサーバーのSSL化の設定手順をわかりやすく解説していきます。

 

簡単にできるので、SSL化をしっかりして安全なサイト運営をしよう。

 

SSL化とは?

SSL化とは?

 

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上の通信を暗号化して、第三者による不正なアクセスやデータの改ざんを回避できます。

 

SSL化をしないと不正アクセスされた時などに情報の漏洩など、大変なことになってしまうので必ず設定しておきましょう。

 

SSL化されていないページはブラウザの検索バーの左側に下図の表示が出ます。

 

SSL化されていないページ

 

SSL化されているページは左側に鍵マークが表示されています。

 

SSL化されているページ

 

SSL化をすると『http://』→『https://』になり、サイトを保護してくれます。

 

Googleもサイトを評価するうえでSSL化は必須といっていますので、やらない理由はないですよね。
ふじさん

 

それではエックスサーバーでのSSL化の手順を解説していきます。

 

エックスサーバーでのワードプレスのSSL化の手順

 

エックスサーバーでのワードプレスのSSL化の手順

SSL化の設定手順は3つのステップでやります。手順は以下の通り。

 

  1. エックスサーバーでSSL化の設定
  2. ワードプレス管理画面でSSL化の設定
  3. .htaccessでリダイレクト設定

 

順に解説していきます。

 

①:エックスサーバーでSSL化の設定

 

まずはサーバーパネルにログインして、設定していきましょう。

 

管理画面に入りましたら『SSL設定』をクリックします。

 

 

『ご自身が取得したドメイン』を選択します。

 

 

『独自SSL設定追加』をクリックします。

 

 

設定対象ドメインがご自身ので間違いないか確認して『確認画面へ進む』をクリックしてください。

 

 

『追加する』をクリックしましょう。

 

SSL 新規取得中です。しばらくお待ちください。

 

と表示されるので、しばらく待ちましょう。

 

 

下図ような画面が出ればOKです。『戻る』をクリックします。

 

次の画面では『反映待ち』と表示されます。

 

 

サーバーに設定が反映され利用可能になるまで、最大で1時間程度かかるのでしばらく待ちましょう

 

ここまでで、エックスサーバーでのSSL化の設定の手順が終わりです。

 

②:ワードプレス管理画面でSSL化の設定

 

ワードプレスの管理画面にはいります。

 

ワードプレスの管理画面にいくURLは、https://ご自身のドメイン/wp-admin/です。

 

管理画面に入りましたら『設定』→『一般』と進みます。

 

 

WordPressアドレス(URL)』と『サイトアドレス(URL)』のところでアドレスを変更します。

 

デフォルトでは『http://』になっているので『https://』にします『p』の後に『s』を入力するだけ。

 

URLは『全角』ではなく必ず『半角』で入力してくださいね。
ふじさん

 

 

入力が終わったら『変更を保存』を忘れずに押しましょう。

 

ここまでが管理画面でのSSL化の設定の手順です。

 

③:.htaccessでリダイレクト設定

 

ここまでの段階ではまだ『http』と『https』の二つにアクセスできるので『http』へアクセスしても『https』へ転送するようにリダイレクト設定をします。

 

リダイレクト設定とは

Webページに訪れた読者さんを自動的に指定したページに転送する仕組みでして、アドレスを入力するときに間違えてhttpと入力してしまっても、httpsへと自動転送してくれます。

 

それではサーバーパネルにログインして、設定していきましょう。

 

『.htaccess編集』をクリックします。

 

 

『ご自身のドメイン』を選択しましょう。

 

 

『.htaccess編集』をクリックします。

 

 

注意ポイント

ここのコードはコピーなどして控えておいてください。間違えて消してしまったりしてしまうとエラーの原因になるので注意しましょう。

 

カーソルを一番上の行に持っていき、enterを数回押して空欄を作ります。

 

空欄の箇所に、以下のコードを入力して下さい。コピーペーストしてもらっても大丈夫です。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

 

下図のように貼り付ければOKです。確認画面へ進むをクリックします。

 

 

最後に実行するを押して、リダイレクト設定のおしまいです。

 

 

これでエックスサーバーのSSL化の設定が全て完了です。お疲れさまでした!
ふじさん

 

まとめ:SSL化をしてサイトを安全に運営していこう

 

まとめ:SSL化をしてサイトを安全に運営していこう

 

この記事では、エックスサーバーでのSSL化の設定の手順を解説してきました。

 

まとめ

  1. エックスサーバーでSSL化の設定
  2. ワードプレス管理画面でSSL化の設定
  3. .htaccessでリダイレクト設定

 

サイト運営をしていくうえで、SSL化はとても重要です。

 

ワードプレスブログを立ち上げたら、忘れずにSSL化をしておきましょう。

 

まだエックスサーバーでサイトを立ち上げていない人は、下記より登録できます。

 

 

関連記事【簡単!】エックスサーバーのクイックスタートでワードプレスブログの始め方

関連記事【WordPress】初期設定のやり方をわかりやすく解説【図解入り】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじさん 

サービス業の店長をしています。片手間に副業にとブログを運営しています。ブログ運営のことや、日々の生活に役立つ情報を発信中。猫が好きだったりします。

© 2020 Fujisanblog